どれがいいと?脱毛の種類それぞれのメリットとデメリット

脱毛に興味を持たれている方にとっては、どの脱毛方法で行うかというのは最大の関心事です。

選ぶ脱毛方法によって効果、痛み、費用などが全く違ってくるので、自分の体毛の状態や希望に合うのはどの方法なのか迷っている方も多いのではないでしょうか。

 そこで今回はそのような方に向けて、主な脱毛の方法のポイントをご紹介したいと思います。

ニードル脱毛ってどんな脱毛?

 ニードル脱毛は、毛穴に電流が流れる針を直接差し込んで、毛母細胞にダメージを与えて脱毛していきます。

永久脱毛で硬毛から産毛まで、すべての種類の体毛に効果がり、一度脱毛すれば永久に効果が続くのがメリットです。半面で痛みが強く、一本一本抜いていくので時間がかかります。

さらに費用としても1時間1万円~とかなり割高になるので、全身脱毛の方法としては、より痛みが少ない、安い料金でできる光脱毛が人気です。

それでもニード脱毛にもメリットがあり、他の脱毛方法ではできなかった白髪やほくろに生えた毛の脱毛もできるので、全身脱毛よりは一部の脱毛で選ばれる方が多いです。

レーザー脱毛ってどんな脱毛?

 レーザー脱毛は、医療機関で行える脱毛方法で、黒い毛に反応する光を肌に照射することで、毛根や毛にダメージを与え脱毛をしていく方法です。

照射出力が高いので効果がとても高く、太くて濃い硬毛でも脱毛できます。効果は即効性があり、1回の施術約3~4時間でかなりの脱毛効果があります。

そして継続期間も長く、一度脱毛をすれば、ほぼ再び生えてくることはありません。
痛みはニードル脱毛に比べれば強くなく、医療機関で施術されるので麻酔をしてもらえるところもあります。費用は、1回平均3万円程度で、全身で35万円~40万円程度となります。

レーザー脱毛のメリットとしては、1回の施術で広範囲に照射できるので、施術時間は3~4時間とやや長いですが短期間で集中的に完璧な全身脱毛ができます。そして医療機関で行うので、肌トラブルなどがあってもすぐに対応してもらえる安心感もあります。デメリットとしては、費用が高めであることと、痛みが強いことです。

実際にレーザー脱毛の痛みに我慢できず、途中で辞めてしまう方も多いです。

それでもその効果の高さからレーザー脱毛を選ばれる方も多く、徹底的にきれいに脱毛したいと強い意志のある方には最適の方法です。

光脱毛ってどんな脱毛?

 光脱毛は、光で毛根のメラニンにダメージを与え脱毛していく方法で、主に脱毛サロンで行えます。
※フラッシュ脱毛とも言われています。

光脱毛には、主に2つの脱毛方法があり、皮膚の黒いメラニンに光を反応させていくIPL脱毛と、ジェルを用いて光を反応させていくS.S.C脱毛です。

光脱毛の効果は、永久脱毛ではありませんが比較的長く継続し、産毛から硬毛までほとんどの毛の種類に効果があります。

痛みは、IPL脱毛ならゴムを皮膚に当てた時にパチンという感覚程度の痛みで、S.S.C脱毛ならさらに痛みが弱く、レーザー脱毛に比べて光脱毛は痛みが少ないと考えられています。

費用としては、平均1回1万円程度で、全身脱毛コース(18回~24回程度)30万円~40万円程度の脱毛サロンが多いです。

メリットとしては、比較的痛みが少なく、効果もある程度高いことです。そして脱毛効果の継続期間も、永久脱毛ほどではありませんが、数年間続くことが多いです。なかには光脱毛でも十分な効果を得られたと満足している方も多いです。

数年後に効果が薄れてくることはありますが、自己処理の面でもこれまでよりずっと楽になるでしょう。
そのため自己処理をなるべく楽にしたい方におススメの方法です。

それ以外には、肌へのダメージも少ないこともあげられます。特にS.S.C脱毛は、IPL脱毛より照射力が弱いので、肌への負担が少なく、ジェルの効果でお肌をしっかりカバーしながら脱毛できます。

多くの脱毛サロンが使っているジェルは、美肌効果のある成分が豊富に含まれているので脱毛しながら肌を美しく保つこともできます。デメリットとしては、脱毛終了までに比較的長い期間がかかることです。

脱毛サロンによっては全身を何パーツかに分けて、全身脱毛に複数回かかるところもあれば、1回で全身脱毛できるのだけれど、2~3カ月ごとにしか通えないところもあり、平均1~2年はかかるのが通常です。

また通う頻度としても月に2回など頻繁に通わなければならないところもあります。忙しい方には少し面倒に感じるかもしれません。それでも最近の脱毛サロンブームのメインは、やはり光脱毛です。

比較的安価な料金でスタートできること、痛みが少ないこと、効果が高いことなど、トータルなバランスを考えると光脱毛を選ばれる方が多くなっています。

カミソリ、毛抜きの脱毛

カミソリや毛抜きの脱毛は、多くの方が自宅で普段行っている方法です。カミソリは電気シェーバー、T字カミソリ、I字カミソリなどいくつかの種類があり、部位によって使い分けることができます。

毛抜きも部分的な脱毛には有効です。

これらの方法のメリットは、自宅で簡単にできることと脱毛サロンへ通うような特別な料金がかからないことです。そして脱毛サロンへ通う時間がない方や、サロンや医療機関での脱毛には抵抗がある方でも手軽にできる方法です。

デメリットとしては、効果は限定的で、いくらきれいに剃っても、時間がたてばまた毛は生えてきます。その度に処理しなければならず自己処理はかなり面倒です。
そして自宅で自己処理を失敗して肌トラブルを起こしたり、誤った方法で行って逆に毛が深くなってしまったなどのことも起こります。そのため自宅でのカミソリや毛抜きなどの自己処理は正しい知識をもって行うようにしたいですね。

除毛クリームの脱毛

除毛クリームは、毛穴の中の毛もアルカリ性の成分で溶かせて脱毛していきます。

除毛クリームのメリットとしては自宅で簡単にできて、価格も千円前後のものがほとんどです。そしてカミソリのようにチクチクした感覚もなく、次に生えてくる毛も薄くなります。

除毛クリームのデメリットは、効果が数日から1週間ぐらいしかもちません。そのため度々処理しないとならず、刺激の強い成分が含まれているので肌を傷めることがあります。
肌の弱い方や敏感肌の方が頻繁に行うと肌を傷つけてしまうことがあります。

最近では植物由来のものや、デリケート肌用の商品もありますのでお肌に合う除毛クリームを使いましょう。ただ基本的には、顏やデリケートゾーンはお肌が薄く弱いので、脱毛サロンなどでプロにお任せするのがおススメです。

このように脱毛にはいくつかの方法があります。医療機関や脱毛サロンなどに通う方法から、自宅で簡単にできる方法まで様々な選択肢があります。

そしてそれぞれの方法にメリットとデメリットがありますので、これから脱毛を始める方は、効果、痛み、費用などを比べて、あなたに合う脱毛方法を選んでみましょう。

↓↓ 福岡県の脱毛サロンを比較ランキング↓↓
福岡にある脱毛サロン 料金比較

こちらの関連記事もおすすめ