カミソリや毛抜きによるムダ毛処理は危険。肌トラブル(毛膿炎、埋没毛)

最近では、ほとんどの方がムダ毛の自己処理を自宅で行っています。その際に陥りがちなのが、自己処理の失敗や間違った方法による肌トラブルです。肌が荒れ、傷、炎症などの肌や毛穴のトラブルに発展することもあります。

そこで今回はこのようなムダ毛処理の自己処理にかかわる肌トラブルの例をいくつかご紹介します。

カミソリ負けは女性でも起こる

カミソリ負けは、男性が髭を剃った時によくできるものと思われているかもしれませんが、実は女性のムダ毛処理でもよく起こるものです。

カミソリ負けは、あごや鼻の下など硬い毛が生えている場所にできる細菌による 炎症です。症状としては、赤いかさぶたのようなものができ、触れるとヒリヒリと軽い痛みを伴います。特に女性がカミソリ負けを起こしやすいのは顏や手の甲です。皮膚が薄いので赤く肌が荒れることもあります。

カミソリ負けの原因は、一つはカミソリの汚れです。汚れたカミソリや古いカミソリの細菌が皮膚に付着して炎症を起こします。

もう一つは間違えたカミソリの使い方です。シェービングフォームなどを使わずに肌に直接刃をあてたり、毛の流れに逆らって剃ると肌を傷め、カミソリの負けの原因となります。

そして間違えたカミソリを使っていると、肌を傷つけることもあります。

電気シェーバー、T字カミソリ、I字カミソリを使い分けて、部位に応じたカミソリを使うようにしましょう。そして石鹸やボディーソープを使って剃っている人もいるかもしれませんが、実は石けんやボディーソープは泡が流れやすいので空剃りになることもあります。肌を傷つけることにもつながるので、シェービングフォームを用いて、剃った後はローションなどでお肌を整えましょう。

ひどければ脱毛で色素沈着ことも!?

カミソリや毛抜きによる自己処理を頻繁に行うとシミや黒ずみの原因となります。

特に脚やワキ、デリケートゾーンなどにできることが多いです。さらに自己処理でダメージを受けたお肌に紫外線などをあびると、肌のメラニン色素が活発になり色素沈着が悪化します。

メラニン色素は通常、紫外線や細菌など外敵から肌を保護する大切な役割があります。肌にとっては重要なものです。しかし肌の状態が悪い時に強い刺激を受けると正常な新陳代謝が行われず、メラニン色素が肌表面に留まります。これが色素沈着となります。

そしてカミソリや電気シェーバーによる自己処理刀による摩擦も色素沈着の原因となります。強く刀を当てすぎることにより、角質までそぎ落としてしまい、肌はダメージを受けます。カミソリ以上に強い刺激がある毛毛抜きは、抜いた毛穴の周りが炎症を起こしたり、皮膚が盛り上がってくることもあります。これらが悪化して、色素沈着へと繋がります。

毛膿炎(もうのうえん)をご存知ですか?

毛嚢炎は、皮膚の疾患の一つで毛嚢に起こる感染症です。

毛嚢が膿んでブツブツと一見ニキビのようにも見える皮膚疾患です。ニキビよりは小さめで、赤いぶつぶつができます。膿が溜まることもあり、主に背中や顔・頭皮などにできることが多いです。

黄色ブドウ球菌、コアグラーゼ陰性ブドウ球菌(主に表皮ブドウ球菌)、あるいは両方が同時に感染する場合があります。毛包部にごく軽い傷がついた時、皮膚の湿った状態が長く続いた場合、あるいは、副腎皮質(ふくじんひしつ)ステロイド薬を塗っている場合などが誘因となります。

毛嚢炎の原因

カミソリや毛抜きでの自己処理をして毛穴が傷つくと、肌の常在細菌が毛穴に入り込むことで炎症が起こします。そして周りが赤く盛り上がり、腫れてくることもあります。

酷い場合は、腫れや痛みがあり、跡が残ることもあるので、皮膚科治療などが必要になることもあります。主な原因は、ムダ毛の自己処理で毛穴を傷つけてしまうことですが、汗やストレスなども悪化させる要因となります。

ムダ毛の自己処理を行って皮膚にヒリヒリした痛みがあれば、皮膚や毛穴が傷ついている証拠です。できるだけ刺激を与えないように、普段からローションやクリームで肌を整えるようにしましょう。

脱毛で埋没毛(まいぼつもう)になる!?

埋没毛は、埋もれ毛とも言われ、皮膚の中で毛が成長してしまっている状態です。

毛が肌の表面まで出てこずに、黒いポツポツのような状態です。こうなると処理することが難しく、毛穴がつまり周りの肌にも悪い影響があります。

埋没毛の種類

http://beauty-matome.net/

埋没毛になりやすいのは、ワキ、デリケートゾーン、眉、あごなどです。埋没毛も、間違ったムダ毛処理です。長い間はだに負担がかかるムダ毛処理を続けていると、肌は次第に傷つき炎症を起こします。

そして弱った肌は、ターンオーバーが乱れ、古い角質を溜め込みやすくなります。古い角質で毛穴が塞がれ、剃ったムダ毛が肌表面に出られず皮膚で成長してしまいます。

このようにムダ毛の自己処理は、間違った方法で行うとこのような症状を起こしかねません。

そしてムダ毛の自己処理が得意でなく、失敗してしまう方も多いのではないでしょうか。カミソリやシェーバーなどで肌を傷つけてしまうと、炎症を起こしたり、傷を作る原因となります。

それが跡として残ったり、黒ずみや色素沈着に繋がることもあります。そのようなリスクを避けるためにも、自己処理は最小限に控えるようにしたいですね。最近は、比較的安い料金で脱毛ができるサロンもあるので、プロにお任せするのも一つです。

↓↓ 福岡県の脱毛サロンを比較ランキング↓↓
福岡にある脱毛サロン 料金比較

こちらの関連記事もおすすめ