エステ脱毛(光脱毛)の効果は永久じゃないとよ

 “永久脱毛”という用語は最近ではとてもよく聞く用語ですが、なんとなく聞いたことはあるものの、その定義は詳しく知らないという方も多いのではないでしょうか?

多くのエステサロンなどで行われている脱毛も永久脱毛だと思われているかもしれません。でも実はエステサロンなどで行われている脱毛は永久脱毛ではありません。

今回は、このような永久脱毛についての基礎知識や他の脱毛方法との違い、そして脱毛を始める前にこんなことを知っておくべきというポイントをまとめました。

そもそも永久脱毛って何?

永久脱毛は、脱毛法の一つで、電気的処理に毛根に直接ダメージを与え、脱毛していく方法です。脱毛後は基本的には再び生えてこないと考えられており医療機関でのみ行えます。

主な方法としては、ニードル脱毛があり、その施術方法は毛根に針を刺して毛母細胞と毛乳頭を高周波の電流を通して電気分解していく脱毛方法です。

しかし現在日本では、永久脱毛の明確な基準は存在していません。

アメリカでは、初めて電気脱毛協会により永久脱毛の基準が定められ、脱毛後1ヶ月以内の毛の再生率が20%以下であると定義されました。アメリカ食品医療品局(Food and Drug Administration;FDA)の基準にでは、3回照射し6か月後、毛が67%減毛している状態を永久脱毛と定義しています。

これらの定義によると、永久脱毛=未来永劫毛が生えてこないというわけではないということです。

現在、永久脱毛と言われているニードル脱毛やレーザー脱毛は、その他の脱毛方法と比べて効果期間が長くほぼ永久的な効果と言われていますが、必ずしも脱毛の永久的な効果を保証するものではありせん。

光脱毛は永久脱毛以上に美肌効果がある!?

一方で、永久脱毛じゃないと言われる脱毛サロンの光脱毛も、実は永久には効果が続きませんが、とても高い効果があり、継続期間も永久脱毛よりは劣るものの、それに近い効果があるとも言われています。

一般的には、ニードル脱毛>レーザー脱毛>光脱毛の順で、ニードル脱毛は永久的な効果、医療脱毛でもほぼ永久脱毛に近い効果があるといわれています。

脱毛の種類についてでもそれぞれの特徴を詳しく説明していますが、光脱毛は効果はすぐに薄れてしまうのかというとそんなこともありません。
光脱毛でも特にレーザー脱毛に近いIPL脱毛の場合、ムダ毛の薄い部位は毛が生えてくることはほとんどありません。

S.S.C脱毛でも産毛や薄い毛が生えてくる程度で、数年以上は効果が継続します。

VIOやワキのような濃い毛の部位は、ムダ毛が生えやすくなりますが、脱毛終了後の肌のツヤやツルツル感は光脱毛でもとても高いと感じる方が多いです。

特に光脱毛のS.S.C脱毛は、お肌に刺激が少ないので、肌を良い状態でキープしながら脱毛できるのがメリットです。レーザー脱毛のように集中的に肌に熱を与えないので、肌への負担はとても少ないです。

医療脱毛でも再び毛が生えてくることもある?

また、永久脱毛の効果が得られる医療脱毛ですが、必ずしも永久的に再び毛が生えてこないといわけではありません。

医療脱毛を受けた場合でも、数年後に再び毛が生えてくることもあります。

医療脱毛でも再び毛が生えてくる理由としては、レーザー脱毛で取り残した産毛が濃い毛に変化することがあります。

レーザー脱毛でも完全に脱毛できず、ごく薄い産毛は残ることがあります。この産毛が、後に黒い毛となり生えてきます。そしてホルモンバランスの乱れで毛が生えてくることもあります。

女性の場合、出産や加齢の影響で女性ホルモンが減少して男性ホルモンが優位になると、これまで生えていなかった部分から毛が生えてくることがあります。

それから脱毛が終わった後に新しい毛中から毛が生えてくることもあります。

脱毛期間中に、毛周期の関係で毛が生えていなく取り切れなかった毛穴から、脱毛後に再び成長期に入り毛が生えてくることがあります。

毛には「毛周期」と呼ぱれる生えかわりのサイクルが あります。ですからムダ毛を抜いてもそれが成長期 の場合には、皮膚の下でスタンバイしていた新毛がす ぐに生えてきます

出典: 毛の基礎知識・毛のサイクル・周期

このように、いくつかの理由で医療脱毛後でも、毛が生えてくることはありえます。

どちらにもそれぞれのメリットがあるんですよ!

脱毛の効果の継続性を考えると、医療脱毛とエステ脱毛はどちらがいいとは一概に言えないのは、医療脱毛でも絶対に毛が生えてこないとは言い切れないし、光脱毛でもかなり長い間効果は続くということです。

脱毛サロンによっては、メンテナンスが無料で行えるとろもあります。

たとえ効果が数年後に薄れてきても脱毛サロンでメンテナンスが行えたり、簡単な自己処理ですむのなら、それほど永久脱毛にこだわるはないかもしれません。また肌へのダメージや、終了後の肌の状態を考えると、光脱毛のほうがメリットがあるようにも思えます。光脱毛のエステ効果で美しい肌が手に入れば、脱毛効果もさらに映えるというものです。

永久脱毛ならニードル脱毛?

現在、完全な永久脱毛ができるのはニードル脱毛だけだと考えられています。そのため、“完全に永久脱毛”でということになるとニードル脱毛ということになります。

ただ、ニードル脱毛は痛みも強く、1本1本施術していくので期間もかかり、高額になるので全身脱毛としては不向きです。

今回は永久脱毛の基本情報といろいろな脱毛方法の関係についてお話しました。

もし、永久脱毛にこだわるならニードル脱毛になりますが、レーザー脱毛と光脱毛の効果を比較すると、レーザー脱毛でも完全な永久脱毛に近い効果が得られますし、光脱毛は、永久脱毛ではないけれどかなり長い効果が得られる+その他のメリットが多いということで、検討の余地があるのではないでしょうか。

こちらの関連記事もおすすめ