家庭用脱毛器って効果あると?メリットとデメリット

自宅でできる家庭用脱毛器という便利なものがありますね。わざわざ脱毛サロンに行かなくても、自宅でサロンのような脱毛ができるようになりました。

今回はこの注目の家庭用脱毛器について、効果と使用の注意点やデメリットについてお話します。そして脱毛サロンとどちらがよいかという疑問にもお答えていきたいと思います。

家庭用脱毛器にはこんなメリットがある!

家庭用脱毛器の最大のメリットは、やはり自宅で簡単にできることです

これまで脱毛サロンに通いたいけど忙しくて通えなかった方や脱毛サロンが近くにない方など、多くの方が便利で気軽に自宅で脱毛ができるようになりました。通う手間も時間も軽減され、お仕事で忙しい方や子育て中の方でもこれなら脱毛できます。

コストの面でも断然有利です。家庭用脱毛器は、種類も豊富で10万円程度の器具がほとんどです。

サロンで全身脱毛をすることを考えれば、決して高い買い物ではありません。

また器具は家族とも共有できますので、コストの面でも2人で使えばさらにメリットが大きいです。

他人に見られないというのもメリットです。

特にワキやデリケートゾーンなどは、他人に見せるのが恥ずかしくて、それがネックでサロンに通うのを躊躇している方も多いのではないでしょうか。

そんな他人に裸を見られるのが恥ずかしいという方でも、家庭用脱毛器なら人に見られることなく脱毛ができます。

また、使用された方からも効果がとても高いという口コミ評判がありますので、使い続ければ効果は永久的に続きます。これなら脱毛サロンで永久脱毛をしなくても自宅で簡単に効果が維持できます。

家庭用脱毛器の知っておくべき注意点やデメリット

このようにとても便利な家庭用脱毛器ですが、使用前にこんなことを知っておきましょう。

家庭用脱毛器は手軽で便利なのですが、効果が出るまでに時間がかかることがあります。脱毛サロンの器械のように出力パワーが高くありませんので、効果が出るまでに時間がかかります。

そのため度々ケアしなければなりません。それから家庭用脱毛器は産毛には効果が出にくいということもあります。また自分で手の届かない部位には脱毛ムラができやすく、仕上がりもいまひとつです。部位によっては、使いづらい、上手く脱毛できないという問題があります。

そして痛みもそれなりに強いです。痛みは熱い針で肌を刺すような痛みなのがあるので、最初は苦痛に感じるかもしれません。

ファンがついているものもありますし、肌を冷たく冷やしたタオルや氷などで冷却しながら行うと熱は抑えることができます。

あくまで自分で行うものなので肌トラブルや肌の異常がおこらないように注意が必要です。出力も自分の肌の状態やタイプに合わせて調整し、脱毛頻度も管理しておくことが大切です。敏感肌や肌が弱い方はは特に注意しましょう。

自己処理による肌トラブル

家庭用脱毛器脱毛が得意な部位

家庭用脱毛器は全身脱毛できるものもありますが、このような家庭用脱毛器の特徴を踏まえると、家庭用脱毛器が適した部位があります。

家庭用脱毛器は、濃い毛に効果が高く、自分で自己処理しやすい手の届く、腕や脚、脇に適しています。また男性のヒゲにも使えるので、彼氏、旦那さまがいる方はパートナーと共有しても使えますね。

自分で処理しやすい前面や、毛のある程度ある腕や脚などは脱毛器の使用が便利です。

家庭用脱毛器が不得意な部位やできない部位

家庭用脱毛器のいくつかは、デリケートゾーンは対応していないものもあります。そのたデリケートゾーンは家庭用脱毛器では脱毛できません。

そして家庭用脱毛器は産毛には効果が出にくいので、顏や襟足など産毛の多い場所には不向きです。またワキやデリケートゾーンなどお肌の薄い部位は、肌が敏感でトラブルを起こしやすいので自分で行うよりはプロによるサロン脱毛がおススメです。

サロンなら、ジェルや保湿クリームを用いて肌トラブルがケアしながら脱毛ができます。

家庭用脱毛器で一番有名なケノンはアンダーヘアもできます。

ただし、自分でやりにくいところはエステで処理してもらった方がキレイになるでしょう。

家庭用脱毛器と脱毛サロンはどっちがいい?

このようにとても家庭用脱毛器はとても便利で活用できることがわかりましたが、総合的に考えてサロン脱毛とどちらがよいのでしょうか?

脱毛にかかる時間や効果の面では、圧倒的に脱毛サロンが有利です。

脱毛サロンなら脱毛が終わるまでに長い期間がかかりますが、その完成度は比べもになりません。やはり完璧に脱毛したいなら脱毛サロンを選びたいです。

一方で、コスト面や利便性で考えると脱毛器にもメリットはあります。購入にかかるコストは器具のみで、全身脱毛コースに通うような高額な費用は一切かからず、しかも通う手間ももありません。

脱毛サロンに通っている方の多くが抱える、予約がとれないという悩みもありません。

好きな時にいつでもできる家庭用脱毛器は、やはりコスト、利便性の面でメリットがあると言えます。しかし、もう一つ注意しておきたいのが肌トラブルやお肌への影響です。

脱毛サロンならプロにお任せできるので、肌へのダメージも少なく、美しい肌を保ちながら脱毛できます。

このようにとてもメリットが多い家庭用脱毛器ですが、これまで見てきた内容を総合的に考えると、サロン脱毛の終了後のメンテナンスで使用したり、サロンで通えない期間に補助的に使用する、部分的な脱毛に使用するなど、使用目的を絞って使うのが効果的な使い方といえそうですね。

こちらの関連記事もおすすめ